◆日本一ソフトウェア 20周年記念酒セット発売のお知らせ


2013年7月12日、弊社(株)日本一ソフトウェアは会社設立20周年を迎えることができました。
これもひとえに、これまで未熟な弊社を支えてくださった皆様方のおかげだと、役職員一同、心から感謝しております。
本当にありがとうございました。
この感謝の気持ちは、とても言葉だけでは表しきれませんので、日本一ソフトウェアらしく(?)、お酒で表現することにしました。



■青い瓶のお酒
美しい青の瓶の中には、これまた美しい透明な純米酒が入っております。
呑み口も大変すっきりとしており、まるで清水のような口当たりで、くいくいと呑めてしまいますが、実はアルコール度は18度という罠です。 (通常の日本酒はアルコール度15度程度)
日本一ソフトウェアらしい遊び心を演出してみました。

■透明の瓶のお酒
透明の瓶には美しい琥珀色の日本酒が入っております。
濃厚な甘みはデザートワインにも匹敵する仕上がりになっております。
食後にスイーツと合わせていただいても、至福の時を過ごせること請け合いです。
甘い呑み口に油断すると危険です。これも実はアルコール度18度。
青い瓶のほうと同じく、日本一ソフトウェアらしい独自性を演出してみました。

この2本のお酒で、日本一ソフトウェアらしさを表現してみました。

今回、青い瓶のお酒の中身には、地元岐阜県各務原市の林本店様による『榮一 山廃純米酒』を使用いたしました。
透明の瓶のお酒の中身には、『金時−GOLDEN AMBER 2000』を使用いたしました。
余談ではございますが、私たちがこれらのお酒を選んだ後に、インターナショナルワインチャレンジ2013のSAKE部門でメダルを受賞しました。
林本店様の努力が実った瞬間であり、このお酒を選んだ私たちにとっても「遊び心や独自性」は世界に通じるのだと確信できた瞬間でもありました。

今後10年、20年と、日本一ソフトウェアらしさを失うことなく、お客様に喜んでいただけることを第一に追求してまいります。
これからも皆様には温かいご支援と、厳しいご指導を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

◆日本一ソフトウェア 20周年記念酒セットの販売はこちらから!


© Nippon Ichi Software, Inc.