物語

魔女病

10歳以下の子どもが発症し、原因・治療法は不明。
                  魔女病に感染した者は、額の三つ目が現れ、その目が開くことで魔女として覚醒する。
                  魔女化した人間は、人としての自我を失い、周囲に災害級の被害をもたらすこととなる。

百騎兵

古より伝わる物語に登場する魔神。
                  百騎兵を題材にした絵本なども出版されており、子供たちにとっては慣れ親しんだ英雄。

ケヴァラ

魔女病により荒廃した世界。
                  魔女を討伐するために結成された組織“WR(ヴァイスリッター)”によってかろうじて平和が保たれており、人々はその庇護の下、慎ましい生活を送っている。

ヴァイスリッター(WR)

“魔女病”と“魔女”の根絶を掲げる医療機関。
                  錬金術によって強化された騎士の力で魔女に立ち向かう「人々を守る絶対正義の組織」として、民衆から絶大な支持を集めている。
                  ケヴァラ各地に支部を置き、人々の生活を支えている。

白衣の女神

WRの治療により魔女病を克服した少女たち。その身には魔女に並ぶ強大な力を秘めている。
                  彼女たちは錬金術で造り出された武器を自在に操り、人々を覚醒魔女や魔物から守っている。
                  WRが誇る最大戦力であり、民衆にとっては英雄的存在。

第三の眼の摘出手術

魔女病にかかった少女が魔女として覚醒するのを防ぐため、額に出現した眼球を未開眼のうちに取り除く手術。
                  非常に高度な医療技術を要するため、ヴァイスリッターのみが可能な外科手術。

覚醒魔女

魔女病にかかり、第三の眼が開いた者。
                  覚醒時に元の人格は消え、歪な形で人格が再構築される。
                  そのため強い破壊衝動や凶暴性を持っている。
                  自身の欲望のままに強大な力を振るう覚醒魔女は、強大な自然災害と同じように恐れられている。

pagetop