2022年4月21日(木)発売の、夜道探索アクション『夜廻』シリーズ完全新作タイトル『夜廻三』🔦
 
過去作の雰囲気を受け継ぎながらも、新しい要素を追加し進化した「夜廻シリーズ」の最新作ッス✨
 
主人公は自身にかけられた呪いを解くため、忘れてしまった「思い出」を求めて夜の街を彷徨うッス🌃

あらすじ

 
主人公は見知らぬ暗い
森の中で目を覚ました。
 
なぜその場所にいたのか、
主人公にはわからなかった。
 
思い出せるのは、
放課後の夕暮れ時、
学校の屋上にやってきたところまで。
 
深い森を彷徨った主人公は、
姿の無い不思議な人物と出会う。
その人は、どこか懐かしい
声で語りかけた。
「あなたには強い呪いが
かけられている」と。
 
呪いを解くためには、一晩のうちに
「忘れてしまった大切な事を
思い出さなければならない」と……。
 
大切な思い出を探すため、
主人公は不気味な
夜の街へと駆け出した。
 

失くした思い出を求めて

夜廻三』は、夜の街を探索する夜道探索アクションゲームっス🎮
 
幼い主人公は、自身にかけられた呪いを解くための手がかりとなる「思い出」を探して、夜の街を彷徨うッス🔦
 
街の暗闇の中には、恐ろしい「お化け」が潜んでいるッス👻
懐中電灯の明かりと、心臓の鼓動を頼りに「お化け」から逃れて、失くした思い出を探し出すッス!

かすかな光を道しるべに

主人公の頼りになるのは、手に持った懐中電灯の灯りのみ🔦
 
暗がりに光を当てることで、探索の役に立つ「おとしもの」や、悪意を持って近づく「お化け」の姿が明らかになるッスよ👍

光を当てることで、隠されたものを見つけることができる。
夜の街では懐中電灯の光だけが頼り。
あたりを照らして、近づいてくるお化けがいないか確認しよう。

夜の闇に潜むお化け

人のいない夜の街に潜む、不気味で恐ろしいお化け
彼らは明滅する電灯の下、明かりの届かない細道……闇夜の中から主人公を見つめているッス👁

懐中電灯で照らしたり、小石で注意をそらしたり、様々な方法でお化けの追跡から逃れるッス!💨

お化けに見つかったら走ってその場を離れよう。
主人公が走れる時間には限りがある。
いつまでも走り続けることはできない。

「目を閉じて」お化けから身を隠そう

目を閉じることで気配が消え、お化けたちは主人公を見失うッス!
時には足を止めて目を閉じて隠れることが、恐怖から逃れるきっかけになるかもしれないッス。
 
ただし、目を閉じている間もお化けは変わらずそこにいるッス👻
目を閉じたまま、お化けに触れないように距離を取って、安全な場所まで逃げのびるッスよ💨

目を閉じることでお化けは主人公を見失う。
お化けが近づいてきた時は、目を閉じて逃げるきっかけを作ろう。

目を閉じるとお化けは近づいてこないけど、お化けの居る場所には赤い霧がかかるッス。
霧に触れないように、気を付けて移動するッスよ!

忘れてしまった大切な「思い出」

主人公の目的は、忘れた記憶を思い出し、自らにかけられた呪いを解く方法を探すこと。
街のどこかにある「なくしたもの」を探し出し、忘れていた光景を思い出すッス!
 
思い出は、家に帰れば見返すことができるッスよ✨
思い出の中から呪いを解く方法を見つけ出すッス✊

手に入れた「なくしたもの」から、過去の出来事を思い出そう。
きっと、呪いを解くヒントが隠されているはず。
一度見た過去の出来事は、家に帰ればいつでも見ることができる。

広がる夜の街を歩く

夜の街には、いわくつきの場所が点在しているッス。
それぞれの場所へ、いつでも赴くことができるッスよ!

真夜中の学校や、棚田のある田舎町、竹林の人形屋敷など、それぞれの場所にまつわる「お化け」が潜み、その場所でなくした「思い出」が隠されてるッス。
 
不気味で、どこか懐かしい夜の街へ、忘れてしまった記憶を探しに出かけようッス🔦

製品情報

夜道探索アクション『夜廻三』は、2022年4月21日(木)発売!

日本一ソフトウェア公式通販サイトNippon1.jpショップでは、ポイント5倍で予約受付中ッス🛒

Nippon1.jpショップ限定版

※特典は数に限りがあるので、ご予約はお早めに!
  • 3面BOX 描き下ろし豪華箔押し仕様
  • 箔押しスリーブ
  • サウンドトラックCD(1枚組)
    夜廻シリーズのメインテーマを中心に収録
  • アートブック
    縦191㎜×横135㎜、フルカラー、表紙込み約64ページ
    夜廻シリーズの設定画やゲーム・販促で使用されたイラストを収録
    ※本アートブックには『深夜廻』初回限定版に付属のアートブックに収録されているイラストも収録されております。
  • 描き下ろしイラストピンバッジ 10種

 
・ ・ ・ ・ ・
 

👇前の記事

『夜廻三』失くした思い出を求めて

Post navigation