『八ツ裂き公事件』への対策会議のため、モルグ島にある『探偵同盟』本部へ集まったメンバーたち。
しかし正体不明の八ツ裂き公に襲撃されて探偵同盟の本部は壊滅し、探偵たちは孤立してしまう。
探偵たちとの会話を進めながら、事件の手がかりを調査しよう。

マップの怪しい場所を調査し、犯人が残した痕跡を見つけ、犯罪の全容を推理しよう。
八ツ裂き公の仕掛けた罠を避け、巧妙に仕組まれた謎を解き明かすことができるだろうか?

『捜査シミュレーションパート』中、マップ上の探偵たちは各自で行動を判断していく
しかし、プレイヤーが信頼を得て、その行動に『介入』可能な探偵のみ、行動を変更できる
各探偵がどのように行動するかを予想し、的確な『介入』で捜査を進展させなければならない。

  • 不要な推理に挑戦する探偵
  • 「介入」で行動を「調査」に

それぞれの探偵は『移動』『推理』『検証』『連携』『調査』の能力値を持ち、得意分野が異なる
『調査』は苦手だが『検証』が得意な科学探偵、『推理』は苦手だが『連携』が得意な武装探偵など、 各探偵の特徴を生かした調査が事件解決のカギとなるのだ。
探偵たちの能力を駆使し、捜査を進めて事件を解決に導こう。

探偵の能力
  • 科学探偵は「検証」が得意
  • 武装探偵は「連携」が得意

特殊な場合を除き、各マップには時間(ターン)制限があります
規定のターンが経過した時点でマップの目標を達成できない場合や、罠などの障害によって探偵が死亡した場合ゲームオーバーとなってしまいます。
時間制限の中で探偵達に指示を出して、謎をすべて解き明かしましょう。

マップには探偵たちが解くべき謎『ミステリーポイント』証拠品がありそうな怪しい場所『エビデンス・スクエア』犯人が残した危険な罠『デッド・へリング』などが配置されています。

探偵によっては、近くの謎を調査せずに遠くの謎へ向かっていったり、罠に向かって死んでしまったりするので、探偵の行動に介入することで、プレイヤーが望むように捜査を進めましょう。

  • 罠で死ぬ被虐探偵……
    救うには介入が必要!
  • ミステリーポイント(MP)
    探偵たちが解明すべき謎です。
    各MPに設定された解明値を探偵たちの『推理』ですべて削り切ることで、マップ上から消え、証拠品を入手できます
  • エビデンス・スクエア(ES)
    証拠品が隠されたエリアです。
    探偵たちの『調査』によって、証拠品を入手できます
    ただし、入手した証拠品の活用には、『検証』が必要です。
  • ワードポイント(WP)
    『調査』を行うことで、新たな『語録』を入手可能です。
    入手した語録は『語録辞典』で確認可能で、ゲーム中の世界をより知ることができます
  • デッド・ヘリング(DH)
    罠などがある危険な場所です。
    各ターンの終了時、エリア内にいた探偵は死んでしまいます
    MP同様、『推理』によってマップ上から消すことができます。

『捜査シミュレーションパート』中は、各行動に応じて、探偵たちの様々な会話が発生。
同じ行動でも、探偵ごとにリアクションは異なります

中には、特殊な条件下のみで発生する会話も存在するなど、
同じ事件の捜査でも、プレイヤーごとに戦略も、得られる情報も異なっていくでしょう。

同じ証拠品を検証する場合…
  • 科学探偵は科学的に検証!
  • 無学な武装探偵は気合で検証!?
  • 行動【移動】
    各探偵の『移動力』に応じて、マップ上の探偵を移動させることができます。
    また、移動後の行動ができなくなる代わりに、『移動力』に関係なく、マップ内のどこにでも移動可能な『全体移動』も使用可能です。
  • 行動【推理】
    各探偵の『推理力』に応じて、隣接するMP、DHの解明値を削ることが可能です。
    捜査の進展や他の探偵を救うことに繋がります。
    ただし、中には『推理』不可能な、ロック状態のものも存在します。
    ロック状態
  • 行動【調査】
    探偵の周囲にある怪しい場所を『調査』します。
    調査できる範囲は各探偵の『調査力』に応じて変動し、調査範囲内の証拠品および語録を入手可能です。
  • 行動【検証】
    入手済みの証拠品の『検証』を行います。
    検証可能な証拠品は探偵の『検証力』次第で、『検証』が完了すると、新たな捜査対象が現れ、捜査が進展します
  • 行動【連携】と【推理共鳴】
    『推理』を行う探偵に別の探偵を隣接させ、『連携』を選択すると、推理共鳴が発生します。
    対象の探偵の『推理力』に、連携を行う探偵の『連携力』の数値が加わった状態で『推理』できます
    『推理』が苦手な探偵でも、『連携』ならば、捜査に貢献することができるはずです。
  • 【捜査開始】と【先行捜査】
    『捜査開始』を選択すると、マップ上の全ての探偵が一斉に行動を行います
    ただし『先行捜査』なら、介入済みの探偵のみ先に行動させることが可能なので、探偵の行動の順序を上手くコントロールしていきましょう。